SatelliteMG Logo
2010 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Total3376715 7days6380 Yesterday0952 Today0276
since 2000/02/14
Open Space !!
Open Space !!
Open Space !!


icon 2006.06.26 自作 PC の置き換え vol.1
久々に自作 PC をパワーアップ。
夏を目の前にして Pentium4 から Core Duo へ。
ケースはソルダムの MT-PRO800 Fleetwood から
STAJA Rhapsody に変更。


Core Duo での自作は安定しないという評判なので、
安定する確率が高いであろう AOpen i945GTm-VHL
マザーボードとして選択。
安定しない理由がメモリに供給するクロックにあるらしく、
945GT ではメモリ用に 4 本のクロックを供給しているけど、
DDR2 DIMM は 1 枚当たり 3 本必要とするらしい。
2 枚挿すと計 6 本必要。ちなみに DDR2 SO-DIMM は 2 本/枚。
なのでメモリが必要とするクロックが足りなくてデスクトップ用メモリを
採用しているマザーでは安定しない確率が高くなるという訳。
ちなみに 975 チップセットは 6 本クロックを供給しているらしいです。
SO-DIMM を採用したマザーが AOpen の i945GTm-VHL しかないし、
MicroATX なので 975 チップセットも選べないということで決定しました。

また、メモリには CenturyMicro 製の DDR2-667 SO-DIMM 1GB を選択。
これを 2 枚購入。購入したメモリモジュールは ELPIDA チップを使ってました。
CenturyMicro はマザーごとの動作検証をしっかり行っているので
安心できるというのが選択の理由。たまたま安かったというのもありますが。

とりあえずパーツ選択は以上。
09:18


トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.


コメントはありません











NucleusCMS BBClone NP_Moblog php editor SatelliteMG
[0.19sec.] Nucleus CMS v3.41