SatelliteMG Logo
2010 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Total3359028 7days4577 Yesterday0978 Today0865
since 2000/02/14
Open Space !!
Open Space !!
Open Space !!


icon 2010.11.08 VAIO E (14inch) Part.2
VAIO E (VPCEA2AFJ) のCPU交換をする前に対応 CPU を調べないと
いけないのですが、とりあえず現行モデル (EA3) と比べようと
新宿ヨドバシカメラに現物を見に行ってきました。

「VAIO の設定」を立ち上げると BIOS バージョンが分かるので
自分の持っている EA2 と同じかどうか見たところ、全然違う… orz

ということで現行モデルに採用している CPU に EA2 が対応しているか
どうか全然当てにならないことが判明。

仕方ない…

自分で調べないといけなくなったので BIOS 確認ツールで R0300Y8 の
対応 CPU Microcode をチェック。

CPUID=106E5 UpdateRev=03 2009/05/29 Checksum=65B9A532 PlatformID=0,1,4
CPUID=20655 UpdateRev=02 2010/03/01 Checksum=267E87FF PlatformID=1,4,7
CPUID=20652 UpdateRev=0C 2010/06/10 Checksum=1E7BD02B PlatformID=1,4
CPUID=20651 UpdateRev=FFFF0012 2009/07/23 Checksum=7D62F211 PlatformID=0,1,4
CPUID=20650 UpdateRev=FFFF0008 2009/02/18 Checksum=41248CB2 PlatformID=0,1,4
CPUID=106E5 UpdateRev=FFFF0007 2009/04/29 Checksum=27248B94 PlatformID=0,1,4
CPUID=106E3 UpdateRev=FFFF0006 2009/02/27 Checksum=79E1C091 PlatformID=0,1,4
CPUID=106E1 UpdateRev=FFFF000D 2009/02/06 Checksum=30FA4231 PlatformID=0,1,4
CPUID=106F1 UpdateRev=FFFF0007 2009/02/10 Checksum=4D02492B PlatformID=0,1,4
CPUID=106E0 UpdateRev=FFFF001F 2008/12/15 Checksum=6208AF28 PlatformID=0,1,4
CPUID=106E0 UpdateRev=FFFF0003 2008/07/13 Checksum=22C50F76 PlatformID=0,1

なんか C2 ステッピングだけじゃなくて、K0 ステッピングにも対応しているし、
Arrandale だけじゃなくて Clarksdale にも対応しているみたいですね。

VAIO E ってスバラシイマシンであることが判明。
19:38


トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.


コメントはありません











NucleusCMS BBClone NP_Moblog php editor SatelliteMG
[0.21sec.] Nucleus CMS v3.41